スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

おこだでませんように・・・子どもを怒らない日がありますか?



こ!これはっっ!!

と くまママ素敵な絵本に出会いました!
くま子の為の読み聞かせにと 手に取った絵本。
ラストの方は 胸がいっぱいになって 
目が涙でうるうる・・・ポロン(;;)

ぴかぴか続きを読んでくださる方(興味のある方)はぴかぴか


 



upクリック応援 ぽちっ・ ぽちっぴかぴかと押してから下へ下へ・・ねおはな

            おはな

            おはな

            おはな

            おはな

            おはな

            おはな

            おはな

            おはな

            おはな

            おはな



おこだでませんように

小学校教師の作者が 子どもの短冊のお願いごとを見て
涙が出そうになった体験を もとに作られた絵本です。

いつも怒られてばかりいる 男の子。
絵本の中の男の子の姿は 
どの家庭でも普通にあるだろう
そんな日常。

「ぼくは いつも おこられる。
 いえでも がっこうでも おこられる。」

「おこだでませんように」(怒られませんように)

と祈るように願う
純粋な子どもの想いに胸がいっぱいになります。

ああ、今日も ささいなことで、
子どもに注意したなぁ・・・
何かしら、日々 子どもをほめると共に
叱ることも多い くま家(;_・)

ああ、反省・・・あせあせ

子どもの立場に立ち
日々の 親としての自身を見直すきっかけになりました。

くまママ自身も子どもの時
本当に毎日怒られてばかり・・・
ある時、とある 
わたしの愛読していた おまじないの本に(笑)

「お母さんがいつも使っている鏡を
きれにふいてあげると、お母さんが怒らなくなるよ」

と書いてあって
早速、子ども心に、こっそりと願いながら
鏡をふく自分の幼少の頃を思い出しました。



あの時、ものすごく真剣だった・・・。

(くまママの怪しい魔女っ子時代?については、過去ブログを読んで下さい・笑)

おこだでませんようにのラストでは
思わず 涙がポロン。

子どもの読み聞かせを通じて
素敵な絵本に出会えるのは とてもしあわせなこと。

子どもは どんどん大きくなりますね。
幼児教室の生徒さんを見ても
改めて 子どもの成長の早さに
今の この瞬間の愛おしさで胸がいっぱいになります。

子どもは わたし達の未来の宝物です。

どの子も どの子も しあわせに
笑顔でいっぱいになーれ。そう願う くまママです。
posted by: mama-kuma | 絵本 | 05:43 | comments(0) | - |

秋です。心がほっこりするおすすめ絵本

もう10月だというのに
暑さが厳しい日もありますが
コスモスが風に揺れ
トンボが 飛んでいたり
少しずつ 秋を感じる季節になってきましたきのこレッド

今日は わたしの 大好きな絵本を2冊紹介させて戴きます。
ぜひ、お子さんをひざの上にのせて
親子で愛情いっぱいの 読み聞かせタイムを 楽しんで下さいねおはな



しかけ絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん

▲愛することって、なんて素晴らしいんだろう・・・
胸が いっぱいに 心が暖かくなる絵本。

この絵本は、しかけ絵本でないものもありますが
ぜひ、ぜひ ぜひ!!しかけ絵本で 読んで戴ければと思います。

「ボクがどんなにキミの事を好きなか、あててみて?」二匹が体を使って
飛んだり、はねたりしながら 
体いっぱいで「愛」の大きさを競うところが
なんともいえない かわいらしさ!!

ラストの方では 思わず 涙がポロリ・・・。

愛情が いっぱい溢れた 素晴らしい1冊です王冠2



ちびゴリラのちびちび

▲この絵本は、お友達から 2歳の頃薦められた絵本でした。
かわいいごりらのちびちびの成長を
森のみんなでお祝いするという お話ですが
読めば読むほどに味が出る 愛情いっぱいのとても優しい絵本です。

ハッピーバースディのお歌の場面で
実際、お誕生日おめでとうの歌をキーボードから流して
盛り上げて 読み聞かせた事もありました。

いつか子供が大人になって
この絵本に出会った時に
どれだけ あなたが みんなに愛されて育ったか
子供の心に残れば それは、素晴らしい財産になるような
そんな気がします。

みんなに愛される子供に 育ちますように・・・
そんな願いが込めて読み聞かせしていますおはな

ぜひ、おすすめの絵本、読んでみて下さいね星

王冠2ブログランキングに参加しています。

 

  ↑「ぜひ 読んでみようラブ」と思われたら 上の2つのアイコンを応援クリック・・・どうぞよろしくお願いしますおはな

   今日も 笑顔で ニコニコ 
        楽しく子育て頑張りましょうね!!(*´▽`*)

____________________________

★知育おもちゃ箱〜くまママおすすめの知識を育むおもちゃ〜★

  

▲子供が喜ぶ 親も喜ぶ? おうちでモンテッソーリでたくさん 遊んでみましょうおはな

                  

posted by: mama-kuma | 絵本 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

毎日の読み聞かせは 良質な絵本を

毎日の読み聞かせに
どんな本が良いかな?なんて探すのは
日々の楽しみだったりしますおはな

月くま子が寝る前のお約束に
必ず読み聞かせをしていますが
さすが4歳になると、どんどん 字数の多い本になってきました。

   

3歳になるまでは↑のような 絵本を良く読み聞かせしていました。
林明子さんの絵本や いもとようこさんの絵本は
絵がとてもきれいで ふんわりと優しくて親も読んでいて
とてもほっこりしあわせな気持ちになります。
ことばのリズムも良くて、親子で大好きな絵本です。

そんなくま子、4歳をすぎると

 

↑こんな本を好むようになりました。字数が一気に増えました!!
      (;▽;)母は早く眠りたい・・・(爆)



↑この絵本は、くま子に読み聞かせをしていて
難しいから まだ内容が理解できないだろうなぁ・・・
と思っていたのですが、ふと くま子の顔を見ると
目からぽろぽろと涙をこぼしていました。

まだ4歳になったばかりのくま子でしたが
難しい言葉は分からなくても 
くま子なりの感受性で「せつなくて 悲しい」と感じ取ったようで

親子で泣いた想い出の絵本です。



↑この絵本は、わたしが 涙した1冊。
この本は クリスマスプレゼントに戴いた本なのですが
名作と言われ、読み続けられているお話は
やっぱり、すごい!と胸がいっぱいになりました。

子供の頃読んだ時とは違う、また新しい感動がありました。
きっと年を重ねるごとに、また新しい感動が生まれるんだろうなぁ・・・
こうゆう絵本は 心の宝物として、残してあげたいなぁと思いました。

子供に読んであげる絵本は いろいろな本がありますが、
古くから読み続けれている 語り継がれているお話は
日本昔話も含めて 大切にしていきたいですね。

日本と世界の昔話で代表的な お話

     

実は小学校お受験問題で よく出るそうです!! 

代表的なお話だけでも
楽しみながら、読み聞かせてあげると良いですね。
そして、絵本は、いつも子供の手の届くところに置いてあげて下さいね。

絵本は、日々たくさん いろいろなものを与えるより
1ヶ月など、長い時間 同じ絵本を読み聞かせてあげる方が
文字と言葉(音)が一致して 発展していくので

国語力を高めるために
ポイントは 続けて読み聞かせてあげる!!
ということでした。


くま家では、各お部屋 トイレ 玄関と至るところに
絵本を置いています。



↑の本も大好きで、リズム感があって楽しくひとりで読めるのが嬉しいのか
もくもくと 音読しているくま子(*'▽'*)

もちろん、英語の絵本も置いています。
なにげない生活の中で、英語も触れさせてあげたいから。

絵本は、何でも良い!ではなくて
絵が 「かわいいから」 だけのものでなくて 
「きれいなもの」を子供に与えて欲しい
絵と 文章が一致しているものであることは必然
との 専門家のお話鉛筆2

昔話の絵本を揃えたく、100円均一ショップの
絵本を購入しようと思ったのですが、
お話が、短めで ところどころカットされているのですね。
(100円なんで 欲はいえませんが・苦笑い)

せっかくの名作なのに
お話が カットされているなんて
物語として、なんと寂しいんだろうと思います。

ひどい場合は、話の内容が変わっている場合もあります。

読み聞かせの絵本も 良質なものを与えてあげたいなぁと思う
ちょっと 絵本にはうるさいくまママでした(^^;
















posted by: mama-kuma | 絵本 | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

夏に おすすめの絵本

七夕も終わり もうすぐ夏休みるんるん

町のあちこちで 夏祭りや花火大会が行われ
子供から大人まで わくわくするイベントが多いですね。

今日は夏に おすすめの絵本をセレクトしてみました王冠2



★★★★★  ねずみの14ひきシリーズ 
夏の絵本にぴったりな さわやかな青の色彩。
丁寧に描かれた 優しいイラストに
心が すーっと洗われます。
川に洗濯に行く様子が 愛らしく、いろいろな花や昆虫がページごとに
隠れていて、何度開いても 新しい発見があり
イラスト好きな くまママも この絵本の色彩には ほれぼれです。



★★★★★ こぐまちゃんの絵本。
くま子が大好きな絵本です。
この絵本、0歳の頃に 購入して
いまだに 4さいのくま子が 愛読。
何度読んでも ほのぼのします。



★★★★★
お部屋の金魚鉢からにげたきんぎょさんを探す絵本です。
くま子が2歳の頃 とても喜んで見た絵本のひとつ。
なぜか だるま(のような)のイラストが描かれてあるシーンで
「パパ パパ!!」と何度も指を指しては 大笑いあせあせ
くまパパはメガネをかけているので
だるまが メガネをかけているように見えたのかな?
親子で 大笑いした思い出の絵本です



★★★★★ お洗濯が大好きな かあちゃん。
かあちゃんに 洗濯された鬼の顔が消えて
子供たちに クレヨンで描かれるのですが
その顔が とてもキュート(笑)最高でした(笑)



★★★★☆
あつい あつい あつい夏。
こおりを使った実験。ばばばあちゃんの思いつきで
何でも 凍らせて みんなで パーティ。
思わず、まねしてやってみたくなります。



うみべのハリー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

★★★★☆ かわいいハリーのシリーズ
どろんこハリーで 大人気のシリーズ。
夏といえば 海。海水浴。またまた ハリーが騒動を起こしてと
楽しい絵本です。



★★☆☆☆ 大好きなぐりとぐらのシリーズ
おせいじにも くまママ的には かわゆくみえない うみぼうず・・・あせあせ
ねずみのぐりとぐらが うみぼうずと??
と ミスマッチのような気がしなくもないが
いろいろな泳ぎを教えてもらって 大満足のぐりとぐら。



★★★★★
かわいいっ!!親子で大好きな絵本のひとつです。
さすが いわむら かずおさんのイラストだけあって
とても愛らしい色彩で 丁寧に描かれています。
毎年 この季節に 大活躍の大好きな絵本です。



★★★★★
チリとチリリが自転車に乗って海の中を探検して、
すてきな宝物を見つけるお話。

なんとも なんとも 色づかいが美しく
部屋のインテリアに飾りたくなるほど!!
色鉛筆で これほどまでに きれいな色の世界が描けるのか
本当に素敵な絵本ですハート

色彩感覚というのも 
幼児期に吸収出来る 感覚のひとつ・・・とのこと


モンテッソーリでは 色彩感覚を育てる為に
色板を使っての お仕事もあります。

興味のある方は→クリック

音感教育と同じように
いろいろな色彩に ふれさせてあげたいと思っているくまママです。

くま子の好きな絵本というより
ママの好きな絵本の紹介になってしまいましたたらーっすみません。
絵本も 芸術だなぁとしみじみ思います。

本棚にしまっておくのは もったいなくて
インテリアのように 玄関に飾ったり
コピーして 額に入れて飾ったりしているくま家ですおはな





















posted by: mama-kuma | 絵本 | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

七夕行事を 盛り上げる くま家♪

うさぎのみみちゃんたなばたまつり



七夕の季節にぴったりの 素敵な紙芝居ですラッキー

お値段も ¥ 1,680 と 絵本価格!!

くま家では 七夕の飾りと 
この うさぎのみみちゃんたなばたまつりの紙芝居を
お部屋にディスプレイぴかぴかぴかぴか

この 紙芝居で 七夕行事が ますます盛り上がりますよ(笑)






















posted by: mama-kuma | 絵本 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

あめの 絵本たち・・・

雨の音って、大好きです。
シンと耳を澄ませて聞いてみると
水の世界に包まれているように
なんともいえない 安心感を得ます。

今日は梅雨で 雨の日が続いていたので
大好きな
あめの 絵本たちを 集めてみましたかたつむり



評価 ★★★★★
一言 本屋さんで 見つけて そのままレジに走った1冊。
   わたしの大好きな絵本のひとつです(^^)
   ユーモラスなおじさんのお話。ほのぼのしています。



評価 ★★★★★
一言 モモちゃん40周年。親から子へ手へ渡したい名作絵本。
   復刻版で販売されるほど 時代を超えて愛されている絵本は 
   何度も読んでも また読みたくなる暖かさがあります。



評価 ★★★★★
一言 字のない 絵本です。
   優しい水彩のイラストで まるで 映画を見ているような臨場感があります。
   たぶん この絵本は 10年後 20年後・・・見るたびに
   新しい感動。懐かしい気持ちがあふれてくるような気がします。


かさもっておむかえ

評価 ★★★★☆
一言 ユーモラスな動物たちが出てきて かわいい絵本。
   かさを持って お父さんをお迎えに行きたくなる
   父と子のお話。



評価 ★★★★★
一言 読み終わって なんてすばらしい本なのだろう!と感動しました。
   あめのひの情景を綴った絵本。
   まちで降った雨がといをくぐって川へそして海へ・・。
   静かな文章と繊細な絵で映し出されています。
   現在 絶版で、価値のある1冊で 私は アマゾンのUSEDで購入しました。
   ぜひ復刻版で登場してほしい1冊です。



















posted by: mama-kuma | 絵本 | 05:50 | comments(0) | trackbacks(0) |