スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

作文力!!


くま子に 作文力をつけさせたい・・・
近頃 しみじみ 考えるようになりました。

くま子には 4歳の頃、書く力をつける為に
絵日記を書かせていました。

↓詳しい 過去記事は こちら 

★6歳でSF童話大賞受賞!公文式に通う竹下龍之介くん

当時 始めた絵日記も
休んだり、復活したり・・・
くま子の 書きたいときに書くというスタイルで
ボチボチと続けていました。

昔の絵日記を読み返すと 親ばかですが
たどたどしい文字に 文に 思わず笑みがこぼれます

日記は 自分の為の記録なので
読み手を意識して書く必要はないのですが

作文力!

作文を書くとなると
読み手を意識して書かなくてはなりません。

自分のしたこと、見たこと、あったことを
淡々と書く事が出来ても

〜のように(比喩)や
気持ちを表現し
飾り言葉をいれながら
きらりと光る視点で 作文を書くのは
やはり テクニックがいります。

そこで、参考になる記事をedu (エデュー) 2010年 11月号 から見つけました。

「楽しかったです」しか書けない
書くことができない・・・という
作文が苦手な子にもスイスイ書ける方法を
ふたりの先生と新聞記者が伝授。

スイスイ書けるようになる3つの極意

―颪出しを用意する。
¬椶里弔韻匹海蹐鮹辰┐襦
ルールにそってまとめる

,僚颪出しを用意するでは

「お お き い み かん」で分かりやすく

お・・・思ったこと
お・・・音
き・・・聞いたこと
い・・・言ったこと
み・・・見たこと
かん・・・感じたこと

この6つの要素を盛り込むようにすると
作文の内容がふくらみ、分かりやすくなるとのこと。

¬椶里弔韻匹海蹐鮹辰┐襪任

詩を読むことが、視点を鍛え、作文作りに役立つとのこと。

ルールにそってまとめるでは

新聞記者の方が、新聞記事は あるルールにそって書かれている。
それは どうゆうものか?

5つのポイント
,い帖´△匹海如´だれが い匹Δ靴董´イ匹Δ覆辰拭 椶覆次

読み手を意識して分かりやすいものにする方法を伝授。

作文力をつけるのに、とても分かりやすい極意がいっぱい。
充実のedu!!大変勉強になりました
興味のある方は、一読を是非 お勧め!!

  

↑イラスト満載で分かりやすそうだったので くまママがまとめて購入した本。

2冊も買ってしまいましたが(^^;

どちらかというと・・右の「あなうめ読書感想文」の方が
表現力をつける「言いかえ じてん」の内容が 参考になったので
わたし的には 「あなうめ読書感想文」がおすすめです。

表現力など どうやって書いていいのか
子供の書きたい気持ちを大切にしながら伸ばしてあげるには
やはり、家庭力、親力だなぁとしみじみ感じました。

 

クリック応援 どうぞよろしくお願いします(‘▽‘*) 

posted by: mama-kuma | 作文力 | 05:00 | comments(0) | - |